Now Loading...

彼女の心をワシヅカミする言葉

何度目かの彼女とのデート、だんだん仲良くなって二人の関係がいい雰囲気になってきたときに彼女が考えているのは『目の前の彼は、今後も安心して一緒にいられる人かどうか』ということです。要するに結婚するに値する男性かどうか、を考え始めているということ。
デートを何度か重ねてきた、ということは女性から見てあなたは興味関心の対象であり、好きになれそうな男性で、好ましく思っているということですので、そういった部分では条件クリアです。ですが、ここでもう一歩、彼女の心に刺さる言葉を伝えれば、一層彼女はあなたと一緒にいることに安心感を覚えるでしょう。
元来女性は「男性に大切にされたい」といつも思っています。それは子供を産み育てる生き物として当然の欲求なので、その欲求を満たしてくれる男性に無条件に惹かれるのです。
「この人なら私を大事にしてくれる」と感じるのは、大仰なプロポーズでも、一世一代の口説き文句でもなく、なんでもない日常の何気ない一言です。
例えば、デートでたくさんはしゃいで楽しく過ごした一日の終わりに「いっぱい歩いたけど疲れてない?」とか「お腹すいてない?」とか。帰りの車の助手席でウトウトしている彼女に「寝ていてもいいよ。安全運転で行くから。」という優しい一言です。そういう何気ない気遣いや思いやりの言葉に、彼女は「この人ならこの先も安心して一緒にいられる」と心を許してくれるのです。女性が結婚の対象として考える男性の条件はまずは一緒にいて安心できる人です。彼女を気遣う男性の言葉や態度に女性は弱いのです。