Now Loading...

一人より二人がいい

『一人口(ひとりぐち)は食えぬが二人口(ふたりぐち)なら食える』ということわざがあります。『二人口は過ごせるが一人口は過ごせぬ』ともいうそうですが、その意味は『一人暮らしは無駄が多くて生計を立てにくいけれど、結婚して二人で暮らせば節約もするようになるのでなんとか暮らしていける』ということ。
独身男性は往々にして外食や外呑みで貯金ができず、更に賭け事や遊びなどで借金までできてしまい、余裕のある生活はなかなかできないけれど、しっかり者のお嫁さんを貰えば、お得な食材を上手に使って自炊もするし、工夫して貯金もするので、ちゃんと生活もできるしお金も貯まるということなのでしょう。
また、守るべき存在ができれば男性は自然に仕事に身が入るようになるし、真剣に働くようになれば自ずと地位も上がり給料も上がる。独りでいたらなまけてしまうところでも、かわいいお嫁さんがいればその笑顔のために頑張れる。家庭ができると二人の生活になるので支出が倍になるように思えますが、実は二人になった方が生活は安定してくるということなのですね。
現代では、夫婦共働きは当たり前ですし、夫が家事にも協力したりお互いの立場を理解しあえば家庭は当然安定するのです。
独身の人が結婚しない理由の一つに必ず『金銭面の不安』があがりますが、実は結婚してしまったほうが収入-支出の余剰ができてくるということなのです。
もちろん、結婚の際に挙式したり家を建てたりする場合は一時的に大きな出費にはなります。でもそれすらも夫婦二人で協力すれば乗り越えていけるものということですね。