Now Loading...

女は愛嬌、男も愛嬌

眉目麗しく一見すると、さぞ異性からモテるであろうと思える美しい人でも、なぜか不人気な人というのがいるものです。なぜなのだろうとよくよく観察してみるとその人には笑顔がない。きれいに整った顔を崩すことを恐れているかのように、いつも鉄仮面のような表情をしています。
男性でも女性でもそうですが、笑顔のない人というのはなんとも近づきがたく、話しかけにくいものですね。若くてもお歳を召していても同じです。
「美人はそうでない人よりも一生で3000万円得をする」という話を聞いたことがありますか?この美人というのは単に目鼻立ちが整っているというだけでなく、明るく愛らしい親しみを感じさせる笑顔がある人のことでしょう。笑顔、微笑みはそれだけで人を安心させ好感度を上げてくれます。
この「人を安心させ、好感を持たれる」ということは異性に対してだけでなく、ビジネスシーンにおいても男女問わず重要で、安心感のある笑顔でいれば人も近づいてきますし、人が近づいてくればそこにご縁も生まれます。多種多様な人とのご縁ができれば何かのきっかけで仕事のチャンスも生まれるかもしれません。仕事に役立つ情報もたくさん入ってくるでしょう。
もっと簡単な話では、例えば企業の面接に行ったとして、同じような条件の人がいた場合、仏頂面の美人よりも、ハツラツとした笑顔で親しみやすい受け答えのできる人のほうが会社に選ばれやすいということです。
ビジネスチャンスが広がれば、もちろん収入も上がるでしょうし、所得が増えれば、またさらに自分にも投資ができるようになるわけですから、容姿をさらに磨くことも大きな事に挑戦することもできる、そしてますます魅力的な人になり、以前にもまして素敵な笑顔の人になる、そこにいい循環が生まれてくるのです。