Now Loading...

ここで差がつく浴衣デート

ここ数年開催が見送られてきた花火大会、今年は開催できるところもあるようですね。待ちに待った花火大会ですから夏らしくお洒落な浴衣でデートに臨みたいという女性も多いのではないでしょうか?
待ち合わせの場所に彼女が艶やかな浴衣姿で現れたら、嬉しくない男性はいません。ほぼすべての男性が「僕とのデートのために頑張ってきてくれた!」と喜ぶはずです。「綺麗だね。」とか「可愛いよ。」などと、いつもは言わない褒め言葉も照れくさそうに言ってくれるかもしれません。
さて、そんなラブラブムードではじまる浴衣デートですが、最後まで楽しく過ごすにはいくつか注意しなくてはならないこともあります。

せっかく素敵な浴衣を着たのですから、最後まで笑顔で、かわいい女性でいましょう。そしておしとやかに、立ち居振る舞いや表情を美しく保つことを心がけましょう。大股で歩いたり、足を組んで座ってはいけません。いつもよりも意識して背筋を伸ばし、つま先から歩くようにするだけでぐっと素敵に見えますし、そうすると、和装に慣れていない方の陥りやすい“着崩れ”問題もだいぶ回避できるのです。
既製品(仕立て上がりで売られているもの)の浴衣はきちんと着付けていても、そもそもサイズが体に合っていないことが多いので、ほぼ着崩れてきます。特に花火大会のような人込みを長時間歩く場合は尚更です。この浴衣の着崩れは動いていれば防ぎようがありませんので、事前に和服を着慣れた人に“着崩れの直し方”をきいて、自分で直せるように練習しておくといいかもしれませんね。

男性には嬉しい浴衣デートですが、実は女性にとっては、慣れない和装の着崩れ、履きなれない下駄に人込み、混雑の騒音に待ち時間。はっきり言って疲れるポイントがいっぱいです。
それでも最後まで綺麗に着こなすことができれば、自分自身も楽しく過ごせて当然笑顔でいられます。そんなあなたの如才のなさに彼は絶対にあなたを見直すはず。今年は少し頑張ってみませんか?